So-net無料ブログ作成

むだ毛の処理方法 [脱毛]

むだ毛の処理方法でポピュラーなものは、
1.カミソリ
2.毛抜き
3.電気シェーバー
4.脱毛クリームや脱毛ワックス
5.脱毛テープ
などではないでしょうか?

その他に、むだ毛を目立たなくするための脱色、抑毛という方法もあります。

むだ毛の自己処理を続けると良くないという話はよく聞きますが、
なぜ自己処理をすると良くないのか知っていますか?

それぞれの方法のメリット、デメリットを紹介します。

20130616203347.gif
1.カミソリ
自己処理方法で最も多くの方が行っている方法です。
メリットはなんと言っても「短時間でできて、簡単」ですよね。
デメリットは、直接肌にカミソリをあてるので、肌の表面も一緒に削ってしまい、
肌が傷ついてしまうことです。
そのため、感染などの心配もあります。

カミソリでの処理を行うときは、必ず、泡立てた石鹸をたっぷり使うなどで、
肌への負担を軽減しましょう。


2.毛抜き
こちらも人気の処理方法です。
メリットは、カミソリよりも日持ちがよく、処理後のちくちく感もありません。
デメリットは、1本1本処理するので、広範囲の処理には時間がかかる点と
毛穴に負担がかかり、毛穴の炎症や埋もれ毛を起こしてしまうことがある点です。

時々、埋もれ毛になってしまったものを安全ピンなどで無理矢理突出させ、
毛抜きで処理しているという方もいますが、感染を引き起こすこともあるので、
無理な処理をしないことが一番です。
埋もれ毛の処理は素人にはできません。


3.電気シェーバー
電気シェイバーも性能の良いものも多く出てきたため、使用している方もいるかと思います。
メリットは、肌に負担がかかりにくい設計のものもあり、広範囲でも簡単に処理出来る点でしょう。

デメリットは、ある程度の負担はかかってしまう点、シェイバー自体が高価、
メンテナンス費用がかかるなどでしょうか。
また性能が悪い物だとカミソリで処理するのと変わらない負担がかかる場合もあります。
使用する際は、製品情報をしっかりと確認しましょう。


4.脱毛クリームや脱毛ワックス
クリームやワックスなど薬品を使う方法も昔から用いられています。
メリットは、痛みも少なく広範囲を処理でき、比較的長持ちする点です。
デメリットは、薬品を使用するため肌に合わずにかぶれてしまうなどが
考えられます。

使用の際は、パッチテストを必ず行ってください。


5.脱毛テープ
市販でも脱毛テープが販売されていますが、使用率は低い様です。
メリットは、毛抜きと違い簡単に広範囲を処理出来て、日持ちする点です。
デメリットは、肌への負担が大きい点です。

使用後のお肌のケアは、入念に行いましょう。


主な自己処理方法のメリットとデメリットをお伝えしました。
自己処理の際は、お肌のケアに気をつけてくださいね!


次回は、自己処理を続けることによる弊害について書いていきます。
nice!(1) 
共通テーマ:美容

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。