So-net無料ブログ作成

「脱毛サロン」「美容皮膚科」「家庭用の光脱毛器」メリット&デメリット [脱毛]

前回、永久脱毛の方法として、
「脱毛サロン」「美容皮膚科」「家庭用の光脱毛器」での脱毛について
簡単にお話ししました。

今回は、それぞれのメリット、デメリットを含め、どの方法を選択するのがいいのか
についてお話ししていきたいと思います。

vs.gif「脱毛サロン」
メリット
・痛みが少ない
・回数を重ねる毎に薄くなっていく
・トラブルの頻度が少ない
・完了後は、すべすべ肌をキープ
・比較的安価

デメリット
・申し込みや予約が面倒
・トラブル肌の場合は、施術を受けられない
・効果が出るまで1週間程かかり、その間の自己処理も制限される
・脱毛が完了するまでは、定期的に通い続けなければならない

元々、肌のトラブルがあり、治療が必要な場合は、先に皮膚科での治療が必要であったり、
トラブルの起きやすい肌の場合は、施術自体を断られるケースがあります。
埋没毛等がある場合も施術を受けられないケースや受けても改善しないケースもあります。


「美容皮膚科」
メリット
・痛みが少ない
・回数を重ねる毎に薄くなっていく
・トラブルの頻度が少ない
・完了後は、すべすべ肌をキープ
・トラブル時は、治療も行える
・エステでの脱毛より出力が高いため、効果も高い

デメリット
・申し込みや予約が面倒
・トラブル肌の場合は、施術を受けられない
・効果が出るまで1週間程かかり、その間の自己処理も制限される
・脱毛が完了するまでは、定期的に通い続けなければならない
・比較的高額

エステでの脱毛と大きな差はありませんが、トラブルを抱えている場合、
または途中でトラブルが生じた場合に対応ができるのが医療機関である皮膚科です。
また、施術をするのは、医師、看護師ですので、安心です。


「家庭用の光脱毛器」
メリット
・痛みが少ない
・回数を重ねる毎に薄くなっていく
・トラブルの頻度が少ない
・完了後は、すべすべ肌をキープ
・自宅でできるので、時間を気にせずに行える

デメリット
・トラブルが起きても自分で気づけないことがあり、悪化しやすい
・効果が出るまで1週間程かかり、その間の自己処理は禁止
・出力が弱いので時間がかかる
・フラッシュ照射により、目に障害を来す場合もある

フラッシュ時の光を目に入れてはいけないので、使用時は注意が必要です。
また価格は、機械により異なり、効果も機種により左右されますので、
効果も個人差があります。


以上が、メリット、デメリットになります。
高額な費用がかかるものもあるので、全身を永久脱毛するのは難しいかもしれませんが、
頻度の高いところのみを永久脱毛にして肌への負担を減らすなど、費用面、お肌と相談して選択していくといいでしょう。

nice!(1) 
共通テーマ:美容

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。